【10万円貯める!】500円貯金のススメ

こんにちは。ケチャンと申します

 

皆様のお役に立てる情報をお伝えするために記事を書いています

 

今回は、皆様が感心のあるであろう、「貯金」について書いてみます。

 

記事のタイトルにもあるとおり、

【10万円を貯める為の、500円貯金】のちょっとしたコツをご紹介。

 

スポンサーリンク



みなさん、500円貯金ってしたことありますか?

 

私はもうかれこれ、10年近く続けていまして

 

今までで、大体300万円くらいは貯金できたと思います

約4か月くらいで10万円、

1年で約30万円くらいの貯金になりますかね~(‘ω’)

 

『ええ!?そんなに貯められるものなの!?』

 

ええ。できますよ。しかも誰にでも。

 

みなさんは、お小遣い作りってしていますか?

サラリーマンの方、主婦さん、自営業の方、学生さん、年金で生活をされている方

等々、境遇は様々だと思います。

「お小遣いは欲しい。でもそんな簡単には作れないんだよな~」

そうですよね。世の中にはお小遣いを作る方法がいくつもあり、

●身近な例を挙げると

【バイトやパートをする・宝くじやロトなどを当てる】等々

▲ちょっと敷居が高いやり方だと

【株やFXなどに投資する・インターネットにある「お小遣いサイト」から得る・ネットオークションに出品】等々 さまざまです

ただ、いずれにしても、上記のやり方は

(なんだか手間がかかって面倒そう‥わざわざ足を運んだり時間を使ったりしなきゃいけないし‥ネットとかだとなんだか怖いイメージがあるし‥)という、ある程度の労力が必要だったり、不安感のあるものかもしれません

(実際には、ネットを使ったお小遣い作りは何も怖いものではないのですが、

普段からネットに慣れていない方や、初めての方はどうしても不安になりますよね)

 

スポンサーリンク



私は10年以上前から、500円貯金をしています

たまたま100円ショップでみかけた「10万円が貯まる貯金箱」なる、

中の見えない缶でできた貯金箱を買って、貯金をし始めたことがきっかけです。

 

最初は「本当にこんなので10万円も貯まるのかな??」

と半信半疑でした。

いつもよく立ち寄るコンビニやスーパーで買い物をした時に

たまたまもらったお釣りの中に500円玉があったので

預金箱の中へ「カラーン!」と1枚放り投げました。

その後も、たまたまもらったお釣りの中に500円玉がまたあったので

1枚、また1枚と貯金をしていきました。

1か月ほどして、ふと、(どれくらい貯まったのだろう?)と気になり

思わず貯金箱を振ってみました。

 

『カラカラ‥‥』

なんとまあ、寂しい音色だこと(-_-)

 

そのうち、「やっぱりこんな貯金箱じゃ10万円なんて貯まらないじゃないか!

ひどいや!」などと、自分の事を棚に上げて貯金箱のせいにし始めます(笑)

ある時は、自分の財布から1000円札を取り出し、

直接貯金箱の入り口に入れて、「よし!1000円も貯金したぜ!」

などという奇行に出ることもありました(なにやってんだか‥)

その後、しばらくは、この貯金箱、数千円程度の貯金額のまま

放置されてしまうのでした‥‥

 

スポンサーリンク



2.貯めるためのちょっとしたコツ

私が最初、貯金に失敗した原因は以下のとおり。

  1. 無計画で貯金をしてた
  2. たまたまもらった500円を貯金してた
  3. 中身の見えない貯金箱を使っていた

 

1.無計画で貯金をしてた

「10万円を貯める」という目標に対して、

3か月で貯めるのか・半年で貯めるのか・1年で貯めるのか

10年で貯めるのか?をまず決めましょう

人は「やらなくていいよ」と言われたことは、まずやりません

逆に言えば、目標を作れば行動しやすくなるのです

私は当初、「半年で10万円貯金をする」という目標を決めました

 

.たまたまもらった500円を貯金してた

買い物のレジ清算の際に「たまたま500円玉の含まれたお釣りをもらった」時だけ貯金をしていては、自分が決めた目標に到達するのはまず不可能です

前もって計画を立てましょう。と言っても何も難しく考えなくていいです

 

例えば

毎日買い物は難しいとして、「2日に1回の買い物」ペースだとします

すると、1ヶ月30日として、1ヶ月に15回の買い物なので

15回×500円=7,500円を1か月で貯金できる。

10万円貯めるには

10万円÷7,500円(1か月)≒13.5ヶ月(1年と1か月半)

ん~ 10万円貯めるのに1年以上もかかるのか‥

そう思った方、ちょっと待ってください!

2日に1回買い物と言いましたが、本当に2日に1回しか買い物をしないでしょうか?

 

2日に1回』と『買い物』を強調したのには理由があります

●『買い物』についてです

買い物はなにも、コンビニやスーパーだけではないですよね

自動販売機で飲み物・タバコを買う・ドラッグストアでの買い物・ガソリン給油・駅でスイカなどの電子マネーのチャージ・昼食で立ち寄った食べ物屋さん・着払いでの支払い

などなど、お金を支払う場所は非常にたくさんあります

 

●『2日に1回

上記のように1日に2回以上の支払いって、結構してるものなのです。

お金って使ってないように見えて、意外と使ってるんですね

 

おっと、話が反れてしまいました。本題へ行きます。

コツですが、

ズバリ『毎回の支払い時に、500円玉を貰うように計算してお金を出す』

これだけです。

具体例を挙げます

コンビニでの支払いが780円だったとします。

ここで1,000円札だけ出してはいけません。なぜならお釣りが

1,000円 ー 780円 =220円となり、500円玉が手に入らないからです

なので、この場合は清算金額780円に500円以上を足した金額を出します。

つまり、780円 + 500円 = 1,280円を出せば

1,280円 - 780円 = 500円のお釣りで、500円玉が手に入ります

もし、1,280円ピッタリ持っていなければ1,300円とか、

5,000円札や10,000札を出しましょう。

ポイントは【清算金額に500円以上を足した金額で支払うこと】

※たま~にお店側が500円玉を切らしていて、細かいお釣りを出してくる場合がありますが、それは仕方ないです。間違っても店員さんに逆ギレしないようにしましょう(‘ω’)

 

3.中身の見えない貯金箱を使っていた

今は、透明な貯金箱もあるようですが、

私は、500mlのペットボトルをずっと使用しています。

中身が見えて、ある程度貯金が貯まって来ると、「お、結構貯まってるな」

と、モチベーションも上がってきます

私の場合、ボトル上部に大きな穴を開けて

出し入れしやすくしています。

そしてなによりも、この500mlのペットボトルは500円玉が

全体の9割ほど貯まると、(ペットボルトの形状にもよりますが)

ちょうど10万円が貯まる大きさなのです!

※もし「途中で取り出したくなってしまうかも」

という不安がある方は、500円玉の投入口だけを作り

一杯に貯まったら穴を大きく開けて、毎回ボトルを使い捨てにすると

良いかもしれませんね

 

※ちなみに私が現在も使用中の貯金箱はこちら 今回はまだ半分も貯まっていません

 

スポンサーリンク

3.500円玉を含めたお釣りでもらう事のメリット

自分の貯金材料となるのはもちろんですが、

若干、計算力が増して脳トレ効果があります(笑)

また、お店側としても、細かい小銭を出す必要がなくなるので

その分、清算時間が早くなり、レジ待ち行列が多少、解消されると思います

4.500円貯金の使い道

私は、500円玉貯金によって約4か月で10万円貯めています

主な使い道は、「貯金」です(笑)

貯金専用の口座があるので、そこに定期的に入金しています

入金欄に「\100,000」が定期的に印字されていくので残高は増える一方です

(どうか、セコいとか、しみったれてる奴だ。などとは思わないでください‥)

でも、ただ貯金しているだけではなく、2年前には貯まった50万円で、

中古ですが車を買いました(*’ω’*)

チリも積もればなんとやら ですね

5.まとめ

500円貯金は

■安全かつ着実にお小遣いを作れる

■貯金にはちょっとしたコツがある

  • 計画的に貯金をする
  • 支払いの際には必ず500円玉を受け取るよう計算して支払う
  • 中身の見える貯金箱を使うほうがモチベーションが上がる

■継続すれば大きな金額になる

 

今回は特に斬新なやり方での貯金ではなかったかもしれませんが、

何事も地道に行うことで、やがては大きな結果を生むものです

頑張った労力は必ず、自分にご褒美という形で返ってきます

諦めずに一歩一歩やっていきましょう!

 

今回も長文を読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m

 

運営者:ケチャン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください