尾関靖子のwikiプロフと出身大学は?年齢も世界記録だった?【激レアさん】

テレビ番組
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

マリンスポーツの中で「ダイビング」というものは一般的ですが、『アイスフリーダイビング』というものがあるのはご存じでしょうか?

そして、その競技の世界記録者が日本人にもいたことを知っていますか?

その方がフリーダイバーの尾関靖子(おぜきやすこ)選手です。

尾関靖子選手は2024年2月22日(木)に世界記録を樹立されたのですが、その後にクロアチアの選手に記録を塗り替えられてしまいました。

今回はそんな尾関靖子選手のwiki風プロフィールと出身大学、そして年齢について深堀していきます!

スポンサーリンク

尾関靖子選手がアイスフリーダイビングで世界記録を樹立

引用元:hoceana

まず先に、アイスフリーダイビングとは、「海や湖の氷の下を無呼吸で潜り、その深さを競うマリンスポーツ」です。

2024年2月22日(木)に北海道斜里郡しゃりぐん斜里町しゃりちょうウトロのウトロ漁港にて行われた、アイスフリーダイビング競技において、尾関靖子選手が126mの世界記録を達成しました。

こちらの記録はギネス記録としても認定されたようですね。

しかし、その喜びもつかの間、その翌日2/23(金)に、クロアチアのValentina Cafolla選手が140mを達成したことで、わずか1日でこの記録は塗り替えられてしまいました…

常に記録は更新され続けていくものとはいえ、あまりにも早い世界記録喪失でしたね・・ですが、また再び世界記録を奪還されるんじゃないかという予感しかありません。

がんばってください!応援しています!

スポンサーリンク

尾関靖子選手のwiki風プロフィール

引用元:oceana
名前尾関靖子(おぜき やすこ)
出身地広島県
現住地千葉県
生年月日非公開
職業フリーダイビング選手兼インストラクター

主な競技成績

2024年  Longest swim under ice-breath held(fins and diving suit) 
ギネスおよびCMAS世界記録樹立

2023年  AIDA世界ランキング総合(プール・海洋)1位
2022年  AIDA世界ランキング総合(プール・海洋)1位
2021年 AIDA世界ランキング総合(プール・海洋) 2位

<プール競技>

日本記録10回     (DYN 3回、DYNB 5回、DNF 2回)
アジア記録1回(DYN 1回)
2018年、2020年、2022年、2023年 日本代表
2023年 日本選手権:DNF、DYNB、DYN各1位
2022年 第28回AIDA世界選手権:DYN 3位
2019年 Singapore Open Pool Competition:総合1位
2019年 AIDA Indonesia Apnea Competition 2019:総合1位
2019年 日本選手権:総合1位

<海洋競技>

2021年 日本代表
2023年 Andrea Zuccari AIDA World Cup:CNF 1位
2022年 Vertical Blue 2022 AIDA:CNF 1位
2021年 第27回AIDA世界選手権:CNF 4位
2021年 Freedom Depth Games 2021 AIDA:CNF 1位

プール種目

DYN:フィンあり平行潜水
DYNB:2枚フィン平行潜水
DNF:フィンなし平行潜水

海洋種目

CNF:フィンなし垂直潜水

尾関靖子選手は2016年に趣味でフリーダイビングを始められ、プールや海など世界各地の大会に出場していきます。

当時は製薬会社に務めていたのですが、2023年9月に会社を退職し、選手兼インストラクターとして活動をスタートされています。

そして2024年1月には自身のフリーダイビングスクール『Yasuko’s Freediving School』を開設されています。

主な活動拠点は東京・千葉・神奈川といった場所が中心ですが、全国出張講習も行われているとのことですよ。

スポンサーリンク

尾関靖子選手の出身大学はどこ?

フリーダイビングの選手として精力的に活動されている尾関靖子さんですが、意外とその素顔が見えないことが多いと感じます、

特に、学歴などについてはその情報がほぼ非公開であるため、むしろ具体的な出身校について、とても気になりました。

そこで、尾関靖子さんの出身大学について深掘りして行った結果、次のような情報がありました。

薬学部のある大学

「なんじゃそりゃ!範囲が広すぎるだろ!」

という声が多方面から聞こえてきそうですが…これにはそれなりの根拠があります。

尾関靖子さんは実は、「あすか製薬」という製薬会社に勤めていた過去があり、ここを退職後にフリーダビングの選手兼インストラクターになられているようなんですね。

引用元:あすか製薬

こちらでは、営業企画部に所属されていたようなので、何とも言い切れないのですが、製薬会社に入社する人の多くは、薬学部を出ている人が圧倒的に多いです。

なので、おそらくは薬学部のある大学を出ているんじゃないかな…?と推測しました。

スポンサーリンク

尾関靖子選手の年齢について

引用元:FB

そして、もう一つ気になったことが、尾関靖子さんの『ご年齢』について。

女性に対し年齢のことを根掘り葉掘り探るのは大変失礼だとは思いますが、パッと見で「いくつなのか?」が分からないな、と感じたのでちょっと気になってしまいました。

しかし、またしてもこちらの情報についても一切非公開となっているので、尾関靖子さんの正確なご年齢を知る事はできず‥

だったのですが、以下の情報を元にまたまた推測してみました!

あすか製薬に入社したのはいつか?については尾関靖子さんは以下のように綴っています

この度、15年半務めた製薬会社を退職し、フリーダイビングの選手兼インストラクターとして活動していくことを決めました。

引用元:インスタグラム

尾関靖子さんは2023年9月に退職されていますので、逆算すると2008年4月にこの製薬会社に入社されていると思われます。

そして、もしも尾関靖子さんがこちらの製薬会社にストレートに四年制大学卒業後、新卒で入社されているとすると‥

入社一年目(22歳)15年経って退職2024年時点で37~38歳頃だと思われますね。

そう考えると、アイスフリーダイビングで世界記録を樹立した時のご年齢は36~37歳頃だったのかな、と推測できますね。

無酸素で水中深く潜る競技であるアイスフリーダイビングは、年令が進むほど心肺機能が衰えて大変になって来るものだと思います。

そう考えると、やはりこの世界記録達成はかなりスゴイことだと言えますよね!

コメント