【3選】浅草地下商店街の場所はどこ?行き方とおすすめ店もご紹介!

ドキュメント72時間
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

地元の隠れた名店や場所を3日間追いかける、NHKのドキュメント番組「ドキュメント72時間」。

毎週、レアなスポットが紹介されている人気番組ですが、2024年5月31日(金)の放送では「日本最古の地下街」である浅草地下商店街が紹介されます。

なんでも、浅草地下商店街は地元の方が「この地下街にはミステリーがある」と言うほどに、不思議な魅力をまとった空間であるらしいですね。

なので今回は、この浅草地下商店街の場所はどこか?そして具体的な行き方について深掘りしていきますね!

スポンサーリンク

ドキュメント72時間に浅草地下商店街が登場

引用元:浅草経済新聞

今回の「ドキュメント72時間」では、東京・浅草にある「日本最古と言わている、地下商店街が紹介されます。

そもそも、浅草の地下にそんな商店街がある事は知っていましたか?

今回の放送では、69年前(1927年)に開業したとされる古びた商店街に向かうため、地下への階段を下りていくと、そこに広がる別世界が存在するそうですね。

所狭しと立ち並ぶお店たちはユニークなものが多く、

・60年近く続く焼きそば屋さん
・占いのお店
・古き良き理髪店
・若い店主が開いた新しいお店

といったようなバラエティに富んだお店が集まっているといいます。

番組を観て、ぜひ一度行ってみたい!と思った人は、具体的な場所についてご案内していきますね。

スポンサーリンク

浅草地下商店街の場所はどこ?

引用元:ドキュメント72時間公式X

浅草と言っても広いですから、具体的な場所を知りたい事と思います。

まず、浅草地下商店街は地図で示すと、この辺りに存在しているんですね。

もう少し拡大してみます。

最寄り駅は東京メトロ銀座線・浅草駅です。

さらに拡大してみます。

ご覧の通り、最寄り駅は東京メトロ銀座線・浅草駅ですので、地下鉄を利用する場合は、駅に直結した場所に浅草地下商店街はありますので、すぐに別世界に飛び込むことができますよ!

ちなみに浅草地下商店街の住所は以下の通りとなっています。

【住所】東京都台東区浅草1-1-12
 ※電話 080-4180-0800

スポンサーリンク

浅草地下商店街までの行き方をご案内!

場所は何となくわかったけど、電車や他の交通手段で行く場合の行き方を知りたい、と言う方もいらっしゃるかと思いますので、こちらについてご紹介しますね。

電車で行く

東京メトロ銀座線

の浅草駅で下車(先頭車両側へ向かう)
②会談があるので上がって行き、正面の6番改札口を出る
③改札を出たらすぐ左へ。徒歩でおよそ20歩ほどで「浅草地下街入口」に到着


<東武スカイツリーライン>

①浅草駅で下車
②銀座線方向へ向かって進み、立ち食いそば屋「文殊」の角を左へ曲がる
③突き当たりに浅草地下街入口(出入口6)に到着


自動車で行く場合、浅草地下商店街専用の駐車場はありませんので
近隣のコインパーキング等を利用されることをおススメします。

こちらに、東京メトロ・銀座線で向かう場合の、地下鉄下車からの生き方を動画で案内していますので、参考にしてみてくださいね。

また、こちらは浅草地下商店街の各店舗のマップです。※情報は2024年5月時点のものです

引用元:浅草地下街
スポンサーリンク

【3選】浅草地下商店街のおすすめ店

最後に、浅草地下商店街のおすすめ店3選をご紹介しますね。

1.福ちゃん食堂(焼そば)

浅草地下商店街といえば、やはりこのお店は外せません。

60年近くも経営を続けている「福ちゃん食堂」の焼きそばは、もはや名物と言っても過言ではありません。

福ちゃんの焼きそばは、他とは一味違う「カレー味」の焼きそばが一番のウリです。

引用元:https://hadakadenkyu.jp/

スパイスの利いたカレーとやや太めの焼きそばとの相性は抜群だそうで、少々濃い目の味付けであることから、『お酒を飲むための焼きそば』とも言われているようですよ。

そして350円という、大変リーズナブルな価格も人気の理由です!

2.鳥じん(やきとり)

地下街にこんな名店が!?というクチコミの多いお店である、やきとり専門店・鳥じんさんです。

鮮度の高い鶏肉だけを使用して焼き上げたやきとりは「うまい!」以外の言葉が見つからないほどの絶品だそうですよ。

引用元:食べログ ヒトサラ ホットペッパー

料金は、やきとり一串平均250円程度とお安く、鮮度と味の良さから考えるとコスパが高いと評判です。

更にウリは「焼酎」で、鳥じんさんの焼酎は全て濃い目・大盛りであっても料金変わらずだそうですから、焼酎好きには嬉しいサービスですね!

3.忍者場(BAR)

こちらはどちらかというと、インバウンド(海外からの観光客)が是非行きたいtと思えるお店です。

なぜなら、その名の通り「忍者(NINJA)」をコンセプトとしたBARだからですね。

とはいえ、忍者好きな日本人客も多く利用されるようですので、決して入りにくいということはありません。

お店に入ると早速、忍者が出迎えてくれ、歓迎して下さるそうですし、楽しいゲームや忍者グッズなども販売しているそうなので、ちょっとでも気になった方は一度足を運んでみてはどうでしょうか?

引用元:OCEANS

ちなみに忍者がこんなゲームを紹介してくれていました。

お酒に強い方は是非、この「サケボム」で忍者に挑戦されてみては?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドキュメント72時間

コメント