バレー2024日本代表男子の外国人選手は誰で名前は?【ネーションズリーグ】

スポーツ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2024年6月4日からテレビ地上波で生中継されている『バレーボール・ネーションズリーグ2024』。

6月5日~8日までは4日と同じく福岡ラウンドがスタートしており、日本代表男子たちと各国の対戦が繰り広げられます。

既に2024年のパリ五輪出場を決めている日本ですが、強豪チームと戦い、研究することで、そのデータを元にパリ五輪にどう活かせるか?というところでしょうね。

その一方で、今回の日本代表チームの中でひときわ目立つ存在が、一見すると外国人選手と思われる一人の選手です。

今回は、この選手は一体誰なのか?にスポットを当てて深掘りしていきます!

スポンサーリンク

バレーネーションズリーグ2024に日本代表が出場!

引用元:TBS

「龍神NIPPON」ことバレーボール男子代表チームは、2023年10月に行われたパリ五輪出場権をかけたオリンピック予選で見事、その切符を手にしました。

ネーションズリーグ(VNL)とは国際バレーボール連盟(FIVB)によって2018年に作られた大会のことで、年に1度、男女の世界のトップ16チームが戦いを繰り広げます。

トップ16チームには以下の16の国々が参加します。

日本、アメリカ、アルゼンチン、イタリア、イラン、オランダ、カナダ、キューバ、
スロベニア、セルビア、ドイツ、トルコ、ブラジル、フランス、ブルガリア、ポーランド

ネーションズリーグ2024は6月30日(日)まで開催予定。

ファイナルラウンド(最終ラウンド)は開催国(ポーランド)と予選ラウンド上位7チームがノックアウト方式のトーナメントで優勝チームを決定します。

日本代表チームには是非、この戦いで勝利を目指し、パリ五輪でのメダル獲得へ弾みをつけてもらいたいですよね!

スポンサーリンク

バレーネーションズリーグ2024男子の外国人選手は誰で名前は?

引用元:月バレ.com

さて、今回のネーションズリーグ2024を見ていて、ある注目選手の存在が気になった人も少ないのではないでしょうか?

それは、パッと見で(外国人選手かな?)と思える選手です。

こちらの「福岡ラウンド出場選手一覧」の右下に映る、ゼッケン「23」の選手ですね。

引用元:JVA

ゼッケン23番はエバデダン・ラリー・アイケー選手

引用元:パナソニックパンサーズ

エバデダン・ラリー・アイケー選手は2024年6月時点で、日本のプロバレーボールチーム『パナソニックパンサーズ』に所属しています。

ちなみにパナソニックパンサーズには同じく日本代表選手である西田有志選手も在籍しています。

引用元:パナソニックパンサーズ

エバデダン・ラリー・アイケー選手は、父親がナイジェリア人で、母親が日本人なので、いわゆる「ハーフ」という事になりますね。

出身地は岐阜県海津市、出身高校が松本国際高等学校、出身大学が筑波大学とのことで、国籍は日本国籍を取得されているため、日本人ということになりますね!

大学3年生の時に、現在所属のプロバレーボールチーム『パナソニックパンサーズ』への加入が決定しましたが当時、現役大学生の加入はエバデダン・ラリー選手が初だったそうです。

それだけ喉から手が出るほど欲しい選手だったということになりますね!

エバデダン・ラリー・アイケー選手の最大の武器パワー&超人的身体能力の高さです!

こちらに、それを証明する映像がありますので、ぜひご紹介したいと思います。

いかがでしょうか?

まさにバレーボールをするために生まれて来た男と言っても過言ではないですよね。

スポンサーリンク

エバデダン・ラリー・アイケー選手のプロフィール

では最後にエバデダン・ラリー・アイケー選手のプロフィールをご紹介しますね!

名前 エバデダン・ラリー・アイケー
生年月日2000年8月18日
年齢23歳 ※2024年6月4日時点
血液型B型
身長195cm
体重90kg
足のサイズ31cm
出身地岐阜県海津市
出身高校松本国際高等学校(長野県)
出身大学筑波大学
ポジションミドルブロッカー
利き腕
最高到達点(指高)350cm(253cm)
得意なプレークイック
趣味映画鑑賞
特技モノマネ
口癖マジで
カラオケで必ず歌う曲 歌手/曲名MAHO堂/おジャ魔女カーニバル!!


ちなみに、エバデダン・ラリー・アイケー選手のポジションであるミドルブロッカーとは、前衛・後衛のちょうど中央に位置する所になります。

茶目っ気たっぷりのエバデダン・ラリー・アイケー選手はチームのムードメーカー的存在でもあるようですので、これからのネーションズリーグだけでなく、パリ五輪での活躍にも大いに期待したいですね!

福岡ラウンドの日程は以下の通りとなりますので、エバデダン・ラリー選手だけでなく日本チーム全体を応援して行きましょう!

引用元:JVA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ

コメント